HOME  >  旅行記  >  都道府県別 旅行記  >  室蘭、洞爺湖、豊平峡の旅1

室蘭、洞爺湖、豊平峡の旅1

1泊2日で室蘭、洞爺湖、豊平峡を旅行しました。

季節は8月上旬の夏真っ盛り。移動は車です。


まずは室蘭へ。

地球岬を目指している途中、室蘭八景のひとつ、金屏風がありました。

日があたると金の屏風のように見えるそうです。

さて、地球岬。

北海道からちょっと飛び出した室蘭の先端にある、室蘭を代表する景勝地。

白い灯台が、青い海に映えます。絶景!

その先には地球の丸さがわかるような水平線。

地球岬は展望台になっており、幸福の鐘があります。

観光地って、よく鐘がありますよね。

高い台なので、市街地が見下ろせたり、先の岬が見えたり、見晴らしがよい。

地球の形した電話ボックスが印象的。

地球岬を出て、先に行った場所から白鳥大橋がよく見えました。

白鳥大橋の先に工場地帯があって、夜景もきれいなんだろうな。

その白鳥大橋を渡り、室蘭とはお別れ。今日のメイン、洞爺湖へ向かいます。


洞爺湖に入り、まずランチをしようと、望羊蹄へ。ガイドブックなどでも紹介される、洞爺湖の有名洋食店です。

草花に囲まれた、きれいなお店。

どれも美味しそうで迷いましたが、ポークチャップは肉厚で食べ応えがあり、美味しかった!

お店も広めで、居心地がよかったです。


今日は洞爺湖泊なので、夜まで観光を。

洞爺湖に来たならやっぱり、洞爺湖の上に行きたい。

というわけで、遊覧船へ。

洞爺湖は印象的なドーナツ型の湖ですが、その真ん中の島、中島にも下船できます。

私は下船しませんでしたが、中島にも足を踏み入れておけばよかったなと、今では思います。

遊覧船は50分ぐらい。時間がたっぷりあるので、湖の景色を堪能し、ゆっくりできます。

中島三重の塔が見えてきた。

遊覧船を降りた頃には日がだんだんと落ちてきている頃合。

洞爺湖には、2008年のサミット会場となった、ウィンザーホテルがあります。

今日の宿泊地は、ウィンザーホテル!…と、言いたいのですが、高級ホテルのため見るだけ見ておきたい。

山の上にあり、広い敷地の庭は高級ホテルらしく洗練されていて、ロビーや庭を見ているだけで楽しい。

そんな庭の間から、きれいな山が見えました。おそらく、羊蹄山です。

日が暮れると、洞爺湖温泉の湖畔付近に人が集まっていました。

洞爺湖ではロングラン花火大会が開催されており、半年ほど毎夜打ち上げ花火が見られるのです。

花火は船で移動しながら打ちあがるので、湖畔にあるホテル、旅館からは部屋の窓から見られます。

また、遊覧船からも花火がみられるよう。

私は湖畔から花火を見ましたが、長い間花火大会をやっているだけあり、人が混雑しておらず、非常に快適。

湖から打ちあがる花火を見ながらのんびりする、北海道の夏の夜。

温泉も入れるし、洞爺湖は夜も楽しませてくれました。


翌日に続く。