HOME  >  旅行記  >  都道府県別 旅行記  >  名古屋食べ歩き

名古屋食べ歩き

名古屋めしを食べに、名古屋へ行きました。

少しだけ観光もしています。


名古屋に着いたのは夕方。

ホテルのある栄に移動しておきます。

縦に長い公園があって、その中にテレビ塔がある構造は、札幌とよく似ている。

最初の名古屋めしは、味噌煮込うどん。

お店は山本屋総本家にしました。

味噌の味が独特で、うどんが硬くて、本場の味は今まで食べたことのない味噌煮込うどん。

おいしゅうございました。


翌朝、朝ごはんを食べに向かったのが、ラディッシュという喫茶店。

ここは「水曜どうでしょう」藤村Dの実家で、同番組にも出ており、色々ゆかりが深い場所。

ファンなら必ず訪れたい聖地のひとつです。

2014年はじめに残念ながら閉店してしまいましたが、お店の一角にどうでしょうグッズや写真が置いてあり、とても楽しいお店でした。


ここではもちろん、小倉トーストとミックスジュース。

厚切りのパンに大量に乗っているあんこ。これは甘そうだ!と思ったのですが、食べてみるとちょっと塩っけがあって、甘さ控えめ。

美味しくてパクパク食べられました。

お次は観光。

名古屋といえば、名古屋城。

日本三名城のひとつに数えられているだけあり、大きくて立派です。

実物大の金のしゃちほこ。

上に載って写真を撮っったりできます。

名古屋城、堀に水は入っていなく、鹿がいました。

堀に住む鹿、珍しいですよね。


名古屋城をくまなく観光し、ごはんを食べに向かいます。

向かったのは、光玉という料理屋さんで、ひつまぶしを。

うなぎ自体大好物なのですが、やはり本場のひつまぶしはものすごく美味しい。

食べ終わるときには悲しくなるぐらい美味しかったです。


食後、栄に向かってブラブラしつつ、途中で休憩にお茶したり、名古屋の繁華街を散歩して楽しみました。

夜に見るテレビ塔も綺麗。

というわけで、割とスローペースで名古屋を楽しみました。

翌日も、帰るまで食べ歩きます。


開店と同時に入る勢いで向かったのは、味噌カツで有名な矢場とん。

せっかくなので本店へ向かいました。


味噌カツはもちろん、エビフライも食べたかったので、好みでチョイスできるやつを。

味噌が美味しいのはもちろんですが、カツやエビフライ自体もとても美味しかった。

それから名古屋駅に向かい、お土産などを見たりしてブラブラ。

タカシマヤの中に赤福のカキ氷が食べられるお店を見つけたので、時間も余裕あるし、入ってみました。

抹茶シロップのカキ氷の中に、餅とあんこが入っています。

私にとっては全体的に甘味が強かったので、全部食べるのは辛かった印象。

普通に赤福食べればよかったな。


最後に、買っておいたゑびごのみ本家の天むすを新幹線の中でいただきました。

最初から最後までしっかりと食べまくった名古屋の旅。

名古屋は名物が多いのでまだ食べていないものは多いのですが、美味しかったしお腹いっぱい楽しんだので、胃袋的には大満足な旅行になりました。