HOME  >  旅行記  >  40日間国内一人旅  >  関ヶ原から富山へ

関ヶ原から富山へ

関ヶ原観光を終え、富山に向かいます。

電車
14:26 関ヶ原 ~ 14:47 米原
14:59 米原 ~ 17:31 富山
6320円

米原から富山へは特急しらさぎを使いました。自由席。


さすがに関ヶ原を観光し、ぐったりしている状態で鈍行で富山まで行く気にはならず、というか時間的に無理だろ。

というわけで、久々の特急。快適。


自由席にしましたが平日だってこともあったのか、自由席は空席の方が多いほど空いていたので、更に快適さが増す。

関ヶ原のコンビニで買っておいたパンなどを食べながら、快適な電車の旅。


快適な車内からみる、田園風景。

普段、田園風景を見ることがないので、どうしても目を奪われます。

富山に到着。

富山駅は今工事中のようで、色んな駅と工事が入り乱れていて、雑多な印象。

コンビニで夕食を買い込み、ホテルへ。

ホテル
ホテルプライム富山 4500円

※価格は私が実際に宿泊した時の金額です

駅から近く、清潔な室内。特に文句の無いホテルです。

また、ここは朝食が無料で、美味しいカレーなどがありお腹いっぱい食べられました。

このホテルで、明日の調査を本格的に行う事に。


この日、明日の予定、ルートについて非常に悩みました。この旅で唯一、ルートを変更したポイントであります。長旅すると、こんな事もあるさ。


明日の富山観光は、これまたずっと行ってみたかった、立山黒部アルペンルートを考えていました。

立山黒部アルペンルートでそのまま長野に抜ける予定。

それで、実際の時刻表や荷物をどうするかをスマホで調べていたのですが、何だか難しい。


長旅で大荷物を抱えているため、それを持って立山黒部アルペンルートを行くのは考えられません。

人気ルートらしいので、他の乗客にも迷惑だし、複数の乗り物を乗り継ぐので非常に不便。

更に、ただ乗り物を乗り継ぐだけなら何とかなるかもしれないけど、安くは無い立山黒部アルペンルートを折角行くなら、観光だってしたい。


荷物をどうするか?


荷物を長野県側の駅に送り届けるサービスがあるようだけど、事前の予約が必要?

富山の駅からそのサービスを使えば、当日に直接行っても大丈夫?

その辺、調べた限りではわからず。


また、地上は暑いけど、山の上はとっても寒いらしく、服装の準備がありませんでした。

立山黒部アルペンルート用の服装なんて、当然持ってきていません。

ただでさえ長旅で荷物が重い。ここだけで使うものなんて持ってこれない。


しかも、服装、無理じゃないか?と気付いたのは前日の夜。

立山黒部アルペンルートに行くなら明日は早朝出発。

服なんて買えない。


という状況。


あ、これ、無理だ。


前日の夜に気づいた次第。


じゃあ明日はどうするか?

という新たな問題が立ち上がります。


富山の次の目的地は長野市。

当初は、立山黒部アルペンルートを抜けて、長野県松本市で一泊。その翌日に長野市へ向かう予定でした。

だけど立山黒部アルペンルートを経由しない場合、富山から松本へは行きづらい。

それなら長野市へ直接向かったほうが良い。


それで、長野へ向かう乗換えを見ると、直江津という駅で乗換えが発生します。

新潟県の直江津、観光は何があるんだろう?と調べたら、春日山があると発見。

春日山といえば、上杉謙信の居城じゃないか!

この旅に出る直前、『天と地と』を読んだばかりだったので、心惹かれる。


早速松本のホテルをキャンセル。(キャンセル料50%が痛かったが、偶然にもむちゃくちゃ安いホテルだったので助かった)

春日山のホテルを取ることに。

直前でも安いホテルがあって助かりました。


長々と書きましたが、そんなわけで、翌日は立山黒部アルペンルートを諦め、急遽春日山観光をする事になりました。

途中、悩むのに疲れて寝ちゃったため、ここまでたどり着いた時、当日の朝になっていた。ホテルの朝食カレーが美味しかった。


そんなわけで、富山はなんと宿泊しただけ。

思い出はこのホテルで非常に悩んだ事と、カレーが美味しかった事のみ

立山黒部アルペンルート以外で、富山のほかの観光地、心惹かれる場所が見つけられなかったのです。

いつか、立山黒部アルペンルートリベンジをしようと心に誓い、春日山へ向かいます。


<<前へ    ||    次へ>>

旅行記