HOME  >  旅行記  >  40日間国内一人旅  >  関ヶ原古戦場を自転車で観光2

関ヶ原古戦場を自転車で観光2

石田三成陣跡、笹尾山を訪れた後、向かうは同じく西軍、島津義弘陣跡。

ここからしばらくは近い場所に点在しており、きつい上りも無く、関ヶ原観光の中でも楽な印象でした。


関ヶ原の島津軍といえば、敵中突破!

島津義弘陣跡は他の一般的な陣跡よりちょっと豪華な感じがしました。

そこから、関ヶ原古戦場開戦地へ。

開戦地近くにも駐車場があったのを覚えています。

この周辺は畑や緑が広がるばかりで、コンビニなどはありません。

暑い時期は水分を多めに持っておく事をおすすめします。


次は、小西行長陣跡。

西軍が続きます。


向かうは、宇喜多秀家陣跡。

小西行長陣跡からちょっと距離があるようなので行こうか迷いました。


というのも、ここら辺で折り返し、駅前のレンタサイクル屋に向かう途中、行きやすい箇所を巡ってもいいなという感じだったわけで。

ただ、レンタル時間の4時間まで、宇喜多秀家陣跡を行ってもぜんぜん間に合うぐらいだったので、せっかくだしと行くことに。自転車だとすぐだし。


宇喜多秀家陣跡は天満神社にあります。

道路から森の中へ。

関ヶ原はあっちこっちに、どこどこまで何メートル、何分といった看板があります。

ここで書かれた宇喜多秀家陣跡までは200m 4分。歩いてもすぐ。

自転車では走りづらそうな道のため、私はここに自転車を止め、徒歩で向かいました。

気持ちよい森林浴といった道がまっすぐ。

ほどなくして、神社の一角に、宇喜多秀家陣跡があります。

森の中は涼しいし、炎天下の中自転車を漕いでいたので、森の中を歩くのもいいなあと思うぐらい、宇喜多秀家陣跡までの道は気持ちよかった。


気持ちよかったんです。

ここからまさか、山登りをする事になろうとは…。


宇喜多秀家陣跡の更に奥、まだ道が続いています。

写真で分かりづらいかと思いますが、「大谷吉継の墓 900m 20分」と書かれた看板が。

観光案内所のおじさんと話したとき、人気があるのは大谷吉継の墓。ただ山の中なので行くのは結構大変だと聞いていました。

私も、山の中を行くまで考えておらず、関ヶ原合戦と言えば大谷吉継は有名なので興味はありましたが、行く気は元々ありませんでした。


でも、宇喜多秀家陣跡まで来ると、大谷吉継の墓という文字が出てきます。具体的な数字を見て、1kmもないし、20分で行けるなら折角だし行ってみようかな?

宇喜多秀家陣跡までのちょっとの道が気持ちよかったので、疲れも癒えている気がして、そんな気持ちになっていました。


だって、この先、こんな気持ちよさそうな道が続いているんです。

行ってみたくなる。

しかしこの気持ちよい道はすぐ終わり、ダムが出現し、橋を渡ることに。

ダムの景色が美しい。けど、一人なので人里は慣れていくこの感じは、ちょっと心細いです。

ダムを渡り、獣道を抜けると、道路が出現。

道は全く分からないので、案内標識だけが頼りです。

あっちこっちにあるので実際迷いませんでした。

あと10分!

ここから、本格的に山に入っていきます。

山なので当然上り。

道は、階段状になっていたり、草ぼーぼーだったり、木々の間を行ったり。

整備はされているので、上りが辛いですが、非常に歩きにくいとか道が分かりづらいとかは思いませんでした。

ただ、熊や蛇が出ないかな?とちょっと怯えています。

山に入って途中の標識。

入る前はあと10分だったのに増えている謎。

実際、最初の宇喜多秀家陣跡から20分とありましたが、20分はとうに過ぎています。

往復で1時間はかかったかな。


そんな感じでやっと着いた、大谷吉継の墓。湯淺五助の墓もあります。

木漏れ日の中、静かな森の中にひっそりとたたずむお墓。

花やお供え物がきちんとあり、頻繁に手入れされている感があります。


ここまですごく疲れたけど、何だか来て良かったという想いが。

大谷吉継の墓から近く、大谷吉継陣跡もあります。

ついでなので行ってみることに。

大谷吉継の墓から大谷吉継陣跡は、山の中ですがすごく上ったりするわけじゃなく、楽に行けたと記憶しているので、どっちかに訪れたら、両方見ておいて良いと思います。

というかこの道、陣から墓。こんな短い距離なのかとか思うのも関ヶ原巡りの醍醐味かな。


そんな感じで、来た道を戻り、自転車を止めた場所まで戻った時はほっと一息。

やっぱり動物に遭遇するのが怖かったので、何事も無くてよかった。


さて、引き続き観光!

やっと東軍。福島正則陣跡。

続いて、西首塚。

ここから東軍が続く。

藤堂高虎・京極高知陣跡に、本多忠勝陣跡!

…となる予定だったのですが、藤堂高虎・京極高知陣跡は中学校の校庭内にあるようで、入っていいのかわからず断念。

本多忠勝陣跡はいくら探しても見つからず断念。民家の裏庭にひっそりと佇んでいるらしいです。


本多忠勝陣跡を探しウロウロしていたら炎天下の自転車がたたり、というか、予定外に大谷吉継を求め山登りをした疲れが響き、もう無理。ぐらいになったので、自転車を返しに行きました。


自転車は、4時間を越えており、確か30分以上は超えていたはず。

けれどレンタサイクルのお店の方はおまけしてくれて、4時間の料金でOKとの事で、大変助かりました。ありがたい。


このとき、お店のお土産などを色々見て、結構面白いものが沢山あるなあと思いました。

やっぱり武将系のグッズが多いですね。


それから、コンビニまで食料調達しに行ったのですが、疲れきったこの時点の私には辛い距離でした。

もっと駅前にあればいいのに…。

ただ、駅の中はベンチもあるし、飲みのもやアイスの自動販売機があったので、冷たいものを補給しました。


すごく暑くて疲れて参ったけど、自分が思ったより色々行けてよかったなあと、しみじみ思った、関ヶ原古戦場観光でした。


<<前へ    ||    次へ>>

旅行記