HOME  >  旅行記  >  40日間国内一人旅  >  長浜城歴史博物館と琵琶湖の夕日

長浜城歴史博物館と琵琶湖の夕日

長浜駅に戻り、ランチをします。

ちょっと調べたら、鳥喜多というお店がヒットし、有名らしく評判も良いので行ってみることに。

長浜駅から近いですよ。


名物は卵たっぷりの親子丼。

とろっとろで、鶏肉が入っている贅沢な卵かけご飯といった感じ。美味しい!

その近くにあったので、豊国神社へ。

加藤清正の像もありました。

ここで強烈に覚えているのは、御朱印を貰うときの人の態度が、ビックリするぐらい悪かったこと。

何のありがたみもないので、受け取るのをやめようかと思うほどで、今までで色んな人がいましたが、ダントツ。

悪かったことってよく覚えているものです。


その後、駅を通り、逆の出口へ。

長浜駅は新しくて綺麗な感じ。

石田町に行ったバス停や豊国神社のあった方とは逆の駅の出口は、豊公園とその先に琵琶湖が広がっています。

彦根と違い、長浜は駅から琵琶湖まで近いのです。

豊公園の一角に、長浜城址があります。

そこに、お城の形をした、長浜城歴史博物館が。

長浜城歴史博物館の中は、秀吉や長浜関連の資料がたくさん。

長旅の疲れがここら辺で直撃し、スタミナがなくなっているので、この博物館は休み休みの見学でした。

石田町の観光が午前中に終わったので、時間がたっぷりあったのもあり、かなりなスローペース。

訪れる人が少なく、快適です。


展望台からは琵琶湖が一望できて、景色が素晴らしい!

それから、ちょっと休憩。

駅に隣接した喫茶店があったので、そこでコーヒーを飲みつつブレイク。体力を取り戻します。


長浜のメイン観光地と言えば、黒壁スクエアになるんでしょうか。

黒壁の和風の建物がずらーっと並んでいる町並みです。

彦根の夢京橋キャッスルロードみたいな場所ですね。

ここも、2014年の大河に沸いていました。

黒田家発祥の地でもあるんですね、長浜は色々すごい。

それにしても、黒壁スクエア周辺は景観が良い。

黒壁美術館や黒壁ガラス館など、観光にちょうど良い施設もあります。

お店もずらーっと並んでいるし、感じの良いカフェもあり、そぞろ歩くのも楽しそうな場所でした。

日が沈んできた頃、再び豊公園へ。

夕日が綺麗らしいので、琵琶湖へ。


途中、秀吉の像があります。

到着した頃、空はいい感じ。

猫も琵琶湖を眺める。

砂浜を歩いたり、遊歩道を歩いたり。日が沈むのを待ちます。

日が沈むにつれ、人が少しずつ増え、犬の散歩している人が多かったかな。


浜辺に、太閤井戸があります。

雲が多く、あまりはっきり見えなかったけど、とても綺麗な夕日でした。

長浜に訪れたらぜひ見て欲しい夕日です。

長浜駅前にスーパーがあったので、そこで食料を調達し、本日のホテルへ。

ホテル
ホテルYes長浜駅前館 5900円

※価格は私が実際に宿泊した時の金額です

このホテルは、正直覚えていないです。

この旅の中では値段が高いほうですが、高いだけの良さも無く、特に悪い印象も無く。

ただ、駅から近く、黒壁スクエアもすぐなので、立地はとても良いです。


滋賀県は比叡山とか安土城跡とか他にも行きたい場所がありましたが、明日は滋賀県を後にし、別の地へ向かいます。


<<前へ    ||    次へ>>

旅行記