HOME  >  旅行記  >  40日間国内一人旅  >  彦根城

彦根城

彦根といえば、国宝・彦根城。そしてひこにゃん!

会いに行きます。


駅から徒歩10分ぐらいで彦根城付近に到着。

ひこにゃんの登場が13:30からだったので、ちょっと急ぎ足で向かいます。

行き先は登場場所である彦根城博物館。

雨が降ってきちゃったので、博物館内の登場になりました。

博物館内ですが、博物館のお金を払わないでも入れる部屋に登場するので、博物館を見ない人でも大丈夫です。

私は博物館も見る予定だったので、彦根城・玄宮園・彦根城博物館のセット券1000円を買っておきます。

もうすでに人がいっぱいいて、ひこにゃんの登場を待っていました。


時間になり、ひこにゃん登場。

ゆるきゃらとして有名で人気者。彦根のお土産屋さんにはひこにゃんだらけ。

その人気が分かった気がします。

生で見るとものすごく可愛い!


会場は一気に妙な熱気に包まれる!

出てきて何をするでもなく、ゆっくり歩いて、ゆっくりおもちゃを持って、ゆっくり動いて、ゆっくりポーズ。

それだけで可愛い。なんだこの可愛さは。

キャラクターものにあまり興味のない私も、すっかりやられました。


途中、前と後ろで入れ替えをしてくれました。

私は後ろで立って見ていたのですが、これを機会に前へ。

間近でひこにゃんを楽しむ。


登場スケジュールは公式サイトで確認できます。

1日3回登場するようなので、彦根城行ったらひこにゃんに会っとくべき。


それから、博物館へ。

博物館はすごく広かった印象。

井伊家関連の展示物などの他、能舞台があったり。

御殿や

きれいな日本庭園も。

それから、階段を上り彦根城へ向かう。

彦根城は敷地も広い。

彦根城は現存する12天守のうちの一つで、国宝になっています。

現存する天守は松江城に行ったばかりでしたが、彦根城、お前もか。という感じで、階段が急。

修学旅行生っぽい中学生軍団がいたのですが、この階段には若さあふれる彼らも四苦八苦。

長旅で歩き疲れている私は、特に足にきます。


苦労して上ったわりに、天守閣の窓は金網で覆われているせいで、景色はあまりよくありませんでした。

そこから広い敷地内を歩き、

太鼓門櫓へ。

中に入り、また上まで上るのですが、櫓だけあってこっちからの景色のほうが良かった。

琵琶湖も見えます。

さて、彦根城周辺の観光、最後の玄宮園へ向かいます。

玄宮園は時間が無かったので、じっくり見るというより、ぐるっと一回りしただけ。


抜けに彦根城が見えるのは、後楽園から見える岡山城に似ている。

急いでいたのは、もうひとつ行きたい所があって、その閉館時間を気にしたためです。

行きたかったのは、彦根城に向かう途中で見た開国記念館。

「佐和山城と石田三成」という企画展をやっているのを発見し、気になっていました。

ここ、無料で入れました。

しかも地味なのか、観光客が多かった彦根城の近くにあるのに、お客さんは私一人。

展示物はそんなに多くないですが、映像も見れて思いのほか楽しめた印象。


関ヶ原の戦いで敗れた石田三成の佐和山城を壊し、彦根城が出来ました。その佐和山、彦根にあります。

当初、行くつもりは無かったのですが、この展示物を見て、ちょっとだけでも見てこようかなと思っちゃったわけで。


というわけで、この日の観光はまだ終わらず。佐和山へ行ってきます。


<<前へ    ||    次へ>>

旅行記