HOME  >  旅行記  >  40日間国内一人旅  >  竹生島観光

竹生島観光

彦根観光の一日。


彦根駅前には井伊直政の銅像が。

歴史上の偉人、特に戦国武将は、縁のある場所の駅前には必ずと言っていいほど銅像があります。

まずは、琵琶湖に浮かぶ竹生島という島に行きます。

滋賀の観光地を調べると、結構人気らしいのと、滋賀まで来たらやっぱり琵琶湖も満喫したいという想いがあって。

シャトルバス
9:00 彦根駅西口 ~ 9:08 彦根港
無料

竹生島へ向かう船は彦根港から出ます。駅前から彦根港までは歩くと遠いので、無料のシャトルバスを利用しました。

このシャトルバス、船の時間に合わせているようで、長い待ち時間も発生しないのでとても便利です。


彦根港の他、かんぽの宿、彦根ビューホテルにも止まるので、乗客は港よりホテル利用のお客さんが多かったかな。

彦根港には、ベンチとチケットを買う窓口があります。

この日は朝だけ天気が良く、行きの船が気持ちよかった。

9:30 彦根港 ~ 10:10 竹生島
【竹生島滞在時間70分】
11:20 竹生島 ~ 12:00 彦根港
往復3300円

竹生島へ行く船のチケットを買うと、帰りのチケットもセットになっています。

滞在時間は70分と決められていたので、念のために、もっと長い時間竹生島に居たい場合はもうひとつ遅い船に乗っても良いか聞いたら、船が満員じゃない場合はOKとの事。

でも実際行った感想では、70分で十分。時間は余るぐらいでした。


こんな船に乗ります。

一階はゆっくりくつろぎたい人用。二階は風景を楽しみたい人用。といった感じで、好きにチョイスできます。

私は二階派。こんな、カモメの大群を見たりして楽しめるもの。

竹生島はお寺と神社がある、人々の信仰を集めてきた島。

島全体がパワースポットです。


船から下りるとすぐに、上に伸びる階段が目を引くのですが、お寺は上にあるので、竹生島は結構階段を上ります。

ただ、すごく階段が多いと思って覚悟していたので、実際は大したこと無いなといった印象。

この旅で山に登ったりながーい階段を上ったり何度かしますが、それらに比べると楽勝レベル。


お年寄りも多く訪れては、階段を上っていました。

港近くにお土産屋さんが立ち並びベンチもあるので、帰り船を待っている間、お土産を買ったり買ったものを食べたりしている人が多かったです。

お土産屋さんを抜けると、料金所があり、400円を払います。


階段を上ると、宝厳寺方向と都須夫麻神社方向で道が分かれており、まっすぐそのまま上ると宝厳寺、右に行くと都須夫麻神社。

立て続けに上らなくて良いので、都須夫麻神社から行ったほうが楽かな。

私は何となく都須夫麻神社に向かいました。

神社へは崖沿いをゆく。

ここから港が見えます。

私が乗ってきた船のほかに、大きな船が来ていました。

竹生島へは、今津港や長浜港からも行けるので、その辺りから来たのかも。

都須夫麻神社本殿は国宝です。

竹生島は、国宝と重要文化財の宝庫。

この都須夫麻神社、御朱印貰おうと思ったのですが、紙では貰えませんでした。

たまに、御朱印帳がないと御朱印もらえないところがあります。

相変わらず御朱印帳が無く紙で貰っていたので、とても残念。


気を取り直し、「かわらけ投げ」をやってみます。

かわらけ投げとは、こういうものを神社で買い、願い事を書き、

下方向にある宮崎鳥居に向かって投げ、投げたかわらけが鳥居をくぐると、願い事が成就するとの事。

何かを思い出す・・・と思ったら、宮崎の鵜戸神宮にあった亀岩!

先にやっていた人がいたので聞いてみたら、すごく難しい、全然飛ばないから力を入れたほうが良いとアドバイスいただくも、本当に全然飛ばず、鳥居のずっと前に落ちてしまいました。

これは、鵜戸神宮の亀岩とは比べ物にならない難関さでした。


さて、神社を後にし、宝厳寺へ向かいます。

宝厳寺へは渡り廊下を通っていくのですが、この渡り廊下がまた良い!

元々渡り廊下とか回廊とかが大好きなので、これはたまりません。

桃山時代の重要文化財。

秀吉の船を利用して作られたので、舟廊下というそうです。

抜けた先に、国宝の唐門。

宝厳寺は都須夫麻神社よりさらに高い場所にあるので、階段を上ります。

船から下りてすぐに見えた階段です。


上った先から見下ろすと良い景色。

宝厳寺本堂。

宝厳寺本堂には「弁天様の幸せ願いダルマ」というものがあります。

小さいダルマの中に願いを書いた紙を入れて奉納するというもの。

願いが叶う系が多いですね。


かわらけ投げが失敗したので、せっかくだし、願いダルマもやっておきます。

本堂の中でダルマを500円で買い、好みの場所に奉納しました。


ここで、また社会化見学系の小学生集団とかち合い、嵐が通り過ぎるのを待つ事に。

島全体的にすごく静かな雰囲気だったのですが、この時ばかりは本当に嵐。


嵐を避け、三重塔を見に。

近くに宝物殿もありましたが、私は入らず。

上ったのとは違う階段を降りる。

まだ時間があったので、お気に入りの渡り廊下に再び行くことに。

都須夫麻神社を再び通り、来た道を逆方向に、港へと戻りました。

お土産屋さんの前でしばし待ち、船の時間が来て、竹生島を後にします。

帰りは1階の船内でのんびり。あっと言う間に彦根港に到着です。

彦根駅まで再び無料のシャトルバス。

船到着が12:00なので、ちょっと待つとシャトルバスが来て便利です。

でもシャトルバスに乗ったのは私だけ。

みんな宿の送迎や車で去っていきました。

シャトルバス
12:08 彦根港 ~ 12:30 彦根駅西口
無料

一人になるとやっぱり食事は安さと手軽さを求め、彦根駅前のマクドナルドで済ます。

次はいよいよ彦根メインの彦根城へ。


<<前へ    ||    次へ>>

旅行記