HOME  >  旅行記  >  40日間国内一人旅  >  萩一人旅3

萩一人旅3 ~萩城跡指月公園~

萩観光二日目、午後には次なる町に移動するため、午前中だけ最後に萩観光。

萩循環まぁーるバスの、今度は西回り(晋作くん)に乗ります。ホテルのすぐ近くにバス停があるので便利。

萩循環まぁーるバス 西回り
8:10 弘法寺前 ~ 8:23 萩城跡・指月公園入口
100円

バス停乗り場でバスを待っている時、一人旅のおじいさんとお話しました。

このおじいさん、行き先が一緒だったので、この後、いろんな場所で会ったのですが、会うたびに、あそこからの景色が良かった。とか、ここはどうだったとか、そんな情報交換をする、不思議な関係になりました。


バスは指月公園入口へ。この公園の中が、萩城跡なのです。公園に入るのに、料金210円がかかります。


毛利輝元がお出迎え。毛利輝元と言えば、関ヶ原の戦いの西軍の(一応)総大将で、長州藩の藩祖ですね。

萩城跡指月公園

ちょうど修学旅行らしき男子中学生集団がレンタサイクルで公園内を走り回っており、騒がしい中、出来る限り彼らを避けて観光します。

レンタサイクルは公園入り口のお店で貸し出しており、公園内も自転車走行可能なのです。

私は歩きます。


ところどころ、石垣に上れるポイントがあります。

足場が良いとはいえない階段なので無理に上らなくて良いと思いますが、上ると景色が良いですよ。

公園内で猫を何匹か見ました。

指月山登山道。上れるみたい。時間と体力があったら上ってみたかった。

指月公園内は広く、茶室や書院などの歴史的建物があり、志都岐山神社もあります。

そんな公園内をブラブラ。

志都岐山神社をお参り。無人でした。

大きな池もあって、ここら辺まで来ると人があまりいなく、天気も良くて快適。

戻ろうとしたら、入ってきた所とは違う指月公園の出口があり、そこから出て適当に歩いていたら、石垣の上に例の中学生たちが上っていました。

あそこから何が見えるんだろう?と、私も上ってみたら。

中々の絶景。少年よ、ありがとう。

でも、どこからか煙が流れてきていて、ちょっと煙たい。


海岸に出られる道もあり、少年たちが遊んでいた。若いって素晴らしい。

こう見ると、城跡だってわかりますよね。

そんな感じで、公園をぐるっと一回り。

結構広くて、歩き応えがありました。


そこからすぐ近くに、萩城跡指月公園に入った同じチケットで入れる、昔の長屋があるので、ついでに寄りました。

家の中には入れず、ながーい長屋を外から見る形です。

萩城跡指月公園を満喫しましたが、タイムリミットまでまだ時間があるので、萩観光は更に続く。


<<前へ    ||    次へ>>

旅行記