HOME  >  旅行記  >  40日間国内一人旅  >  萩一人旅2

萩一人旅2 ~吉田松陰誕生地、城下町散策~

東光寺から坂を上り、山の上に吉田松陰の墓と、吉田松陰誕生地があります。

東光寺から生誕地まで歩く場合、東光寺の正門ではなく、駐車場のほうから出ると、坂道の途中に出て近道できますよ。


近くでウロウロしていたら、「松陰先生はこっちだよ!」と、地元の人が教えてくれました。普通に、吉田松陰がそこにいるみたい。


吉田松陰のお墓

高杉晋作、久坂玄瑞、玉木文之進など、吉田松陰の親族と門下生のお墓もあります。


近くに、高杉晋作の草庵の地。

高杉晋作は頭を剃って隠棲したことがあって、ここにいたんだそうです。吉田松陰生誕地のホントすぐ近く。

吉田松陰と金子重輔の銅像があります。ペリー艦隊を見つめている姿との事。黒船に密航未遂をする前の姿でしょうか。

吉田松陰生誕地に建物はなく、間取りを示す敷石が残っているのみです。

ここら辺は高台なので、萩市街地の眺めが良いです。

景色を見に立ち寄るのも良いと思います。

市街地へ戻るため、再び周遊バスに乗ります。

生誕地前から乗っても良かったのですが、時間があったので、なぜか東光寺まで戻り、東光寺前バス停へ。

周遊バスのバス停は、みかんの絵が描かれているので分かりやすいですよ。

そこから、東回りのバスで市街地へ。

城下町に近い萩美術館で降りようと思ったのですが、萩市役所が発着場のため、美術館の一つ手前の萩市役所でしばし停止。

近いので歩こうと、市役所で降りたとき、目の前に「萩元気食堂」というお店がありました。

時間はお昼すぎぐらい。萩の野菜バイキングが550円。と書いてあって、安い!と思い、入ってみました。

そしたら、本当に野菜ばっかのヘルシーなバイキング。

でも、色んな野菜料理があって、あきません。

こんなに安くて、美味しい料理をいっぱい、しかも地物を食べられて、萩市役所で降りて良かったなあと思いました。


さて、この日の萩観光、後半戦。

萩観光と言えば、城下町は欠かせません。城下町観光へGO!

…と、その前に、こんな銅像が。

歴史知らない人でも、知っているだろう三本の矢の教え。

萩のお殿様は毛利氏。毛利元就の銅像もあるんですね。


歩いていると城下町っぽくなってきて、色んな人の旧宅や、寺院が点在しています。

全て訪れていたらとても時間が足りない。

というわけで、代表格だけ。


木戸孝允旧宅。別名、桂小五郎。

100円で入れます。

中は、いいとこのお家って感じ。

床の間にある「今日」という掛け軸は、木戸孝允が7、8歳の時の手習い。

城下で大評判になったほど褒められた文字だそう。

街中を歩いていると、こんな立て札も見つけられます。

偉人が多い萩ならではの楽しみですね。

高杉晋作旧宅。ここも100円。

庭から家の中を見る形で、家の中には入れませんが、庭から見える形で展示物があります。

産湯の井戸もあり。

そのすぐ近くに、高杉晋作の像。若くして亡くなったはずだけど、像はずいぶん渋くてかっこいい。

萩ではいろんな人の像をあっちこっちで見ます。

萩は城下町も趣向を凝らしており、偉人の和歌などが書かれた竹が、塀にくくりつけられていたりして、観光客を楽しませる。

それから、萩博物館へ。観覧料500円。

和風なたたずまいに、中は広く、新しくて綺麗。

従来の展示物のほか、「萩学なんでもbox」という自由に持ち運べる箱があります。

その中には、萩の歴史・文化・産業・自然などに関する資料や情報が収められていて、一つ一つ見ていたら、時間がいくらあっても足りないぐらい。

面白い試みですね。


また、広い展示物がある部屋が、時間になると壁がさーっと割れ、大スクリーンが現れ、映像を放映するのには、驚きました。吉田松陰の映像だったかな。面白かったです。


私が行ったときは長州ファイブ特集で、その内容も楽しめましたし、高杉晋作や奇兵隊の展示物も楽しめました。


博物館の中には、ミュージアムショップやレストランもあり、歩きつかれた私は、レストランで夏蜜柑ソフトクリームを。

夏蜜柑ソースがほろ苦く、爽やかで美味しかった!

近いので、北の総門も見に行きます。

この門から先は、明日の楽しみ。

ここまで来ると、ホテルへ戻るには20分~30分くらい歩き。周遊バスに乗っても良かったのですが、どうせならと、歩きます。

城下町を再びブラブラ。

藩校明倫館。今は、小学校の中にあるので、中に入れず、門の外からちょいと見る程度。

当時の、上流階級の子が通う学校ですね。木戸孝允や、高杉晋作も学び、吉田松陰は教授をしていたようです。

あとは、こんなのがありました。

当時の、掲示板のようなものかな。

町のあっちこっちに色々あるので、萩は歩いて散策もおすすめです。


丸一日萩観光しましたが、我ながら一日で結構まわったと思います。

平日だったのもありますが、人も少なく、観光は快適でした。


城下町のさらに奥、萩城跡指月公園の方は、翌日に行きます。


<<前へ    ||    次へ>>

旅行記