HOME  >  旅行記  >  40日間国内一人旅  >  萩一人旅1

萩一人旅1 ~松陰神社、松下村塾、東光寺~

萩観光スタート。

萩といえば、長州藩。偉人も多い。というわけで、歴史探訪ばかりになります。


まずは松本方面に、吉田松陰ゆかりの地をメインに訪ねます。


東萩駅前のバス停から、周遊バスに乗車。

萩は、「萩循環まぁーるバス」という周遊バスがあってすごく観光に便利です。

城下町方面に行く、西回り「晋作くん」と、松陰神社方面に行く、東回り「松陰先生」の2種類があり、30分間隔、1回100円で乗れます。バスのネーミングが印象的。


ちなみに私は比較的歩いたので利用しませんでしたが、500円で1日乗り放題、700円で2日乗り放題のチケットもあります。

さて、最初は松陰神社に行くので、東回り「松陰先生」に乗ります。

萩循環まぁーるバス 東回り
8:26 東萩駅前 ~ 8:39 松陰神社前
100円

周遊バスは小さな赤いバスで分かりやすいです。乗客は地元のお年寄りと観光客と半々。

バス停のすぐ近くに、松陰神社。

松陰神社の中には、あの有名な松下村塾のほかにも、吉田松陰が幽囚されていた家。松陰神社宝物殿、吉田松陰歴史館があり、見所が多いです。


松下村塾。激しく感動。

東京にも松陰神社があり、吉田松陰のお墓があります。その中に、この萩の松下村塾を模したものがありますが、オリジナルは感動が違います。(東京の松陰神社旅行記はコチラ)


講義室は8畳で、実際見ると狭い。

ここで、多くの偉人が学び、熱い討論を交わしていたんですね。

幽囚の家も残っています。

何故幽囚される事になったのか等の説明が書かれているので、歴史を知らない人が来てもその場で知ることが出来ます。

幽囚室。狭い。

御朱印も貰います。東京の松陰神社の御朱印と比べると、萩のは「はぎ」と書かれていて、かわいい。

ここで持っていた御朱印帳がいっぱいになったので、松陰神社で新しいものを買おうと思っていたのですが、神社などが刺繍されている可愛い御朱印帳が無かったのが残念。


松陰神社にお参り。

朝早かったからか、まだ人はまばらです。

後になって団体客が押し寄せたので、早く行ってよかった。

お願い事が書いてある小さい傘。可愛い。短冊みたいなものかな?

松陰神社内にある、吉田松陰歴史館に入ってみます。500円。

中は、吉田松陰の生涯を、蝋人形で場面、場面を再現し、説明している施設でした。

吉田松陰がどのような人生を歩んだのか、分かりやすく知ることが出来ます。


ただ、中は薄暗く、蝋人形が精巧なので、人によってはちょっと怖いかもしれません。

私以外にお客さんがいなく、その分独り占めしてみることが出来たので楽しかったです。

次に、またもや松陰神社内にある、松陰神社宝物殿にも入ってみます。500円。

ただし、吉田松陰歴史観に行っていたので、確か100円引きされたような。

こちらは、新しくてすごく綺麗な建物でした。

中も、吉田松陰ゆかりの品があり、小さいながら見ごたえもあって、吉田松陰に興味があるなら楽しめる施設だと思います。

そのような貴重な資料を見るのは有料ですが、無料ゾーンもあって、オリジナルグッズも売っているので、とりあえず入ってみて良い場所です。


また、松陰神社内にはお土産さんなどもあり、ホント、見所が多い。

じっくり見たので、ここで結構時間かかりました。


松陰神社からテクテク歩き、東光寺、吉田松陰誕生地を目指します。

その途中、見るべきところがいくつかるので、寄り道しながら。


ちなみに、これから行く、東光寺も松陰誕生地も、萩循環まぁーるバスのバス停があるので、バスでも行けます。

東光寺からは坂を上りますが、歩いてもいける距離ですよ。


途中に、吉田稔麿誕生地。石碑があります。

吉田稔麿は、池田屋事件で討ち死にした長州藩士です。

のどかな道をテクテク。

初代内閣総理大臣、伊藤博文の旧宅と別邸があります。

別邸は中に入れますが、100円必要。私は、外観だけ見ました。

こんな案内板が随所にあるので、迷わないし、地図がなくても何となくたどり着けます。

萩は観光地として色々便利。

玉木文之進旧宅。

玉木文之進は、松陰の叔父で、松下村塾をはじめたのがこの叔父さん。松陰はそれを継承しました。

そのため、この旧宅は松下村塾発祥の地との事。

中に入っていいか迷っていたら、観光客のご夫婦が、自由に入っていいらしいですよ。と、教えてくれました。

家の中には、玉木文之進略年譜や家系図があって、人物を知ることが出来ます。


そっからまたテクテク歩き、東光寺。

東光寺には、萩藩主3代、5代、7代、9代、11代の毛利の殿様たちとその夫人の廟所があります。

観光地の一つとして有名らしいので、訪れてみました。


廟所には石灯篭がものすごく沢山あって、ずらーっと並んでいる。

深い木々に囲まれ、すごい雰囲気です。

先客のおばさん集団がいて、騒がしかったのですが、一人だったらゾクッとするような雰囲気です。

300円かかりますが、来てよかった!と思いました。おすすめです。


東光寺でも御朱印を貰ったのですが、ピンポン押してわざわざ書いてもらいました。

その時、お寺のおばあさんが気さくな方で、しばしおしゃべりを。そこらへん全く無知なのでアレですが、東光寺は黄檗宗という、珍しい宗派という事を教えてもらいました。


萩観光は続く。


<<前へ    ||    次へ>>

旅行記