HOME  >  旅行記  >  40日間国内一人旅  >  倉敷観光、美観地区

倉敷観光、美観地区

岡山市を後にし倉敷へ。

倉敷といえば、美観地区。

電車
10:10 岡山 ~ 10:27 倉敷
320円

岡山から17分で着いちゃう倉敷は、アクセスも良いです。

ただ、観光の目玉、美観地区までは倉敷駅から徒歩15分くらいあります。


いつものように、まずホテルに荷物を預け、身軽に美観地区観光スタート。

ホテルから美観地区に向かう途中、キレイな日本庭園がありました。

美観地区は、川沿いに古風な建物(ほぼ店)が並ぶ一帯。

美観地区と言うだけあり、きれいに整備され、統一感があり、美しい町並みです。

この川沿い自体はそんなに距離はありません。

ひとつ残念なのは、この通り、車が普通に通れる道なので、車に注意が必要です。

この日は土曜日だったってのもあり、観光客が多かった。

結婚式の一貫か、花婿花嫁さんも何組か見ました。


そんなわけで、美観地区はザワザワしたイメージ。

平日ならもっと静かなんだろうなと思います。


なにやら人ごみが?と思ったら、白鳥の親子が。

子供が可愛らしく、しばらく見入る。

大原美術館もこの近くにあります。

大原美術館は、大原さんという実業家が作った、日本で最初の近代西洋美術館。

私は入りませんでしたが、倉敷の美観地区に来たら、大原美術館も観光に組み込む人が多いかと思います。

白壁の建物が続く一帯もあり。

美観地区周辺は飲食店が非常に多いです。

ランチはどうしようかなと思って、ブラブラ見ていたのですが、多いとむしろどこにしたら良いか分からなくなる。観光地なので、価格が観光地価格で高い。という理由で、観光地から離れるべく、駅方向に向かって、アーケードの商店街を見ながら戻ります。

お洒落なカフェがいっぱいあるので、女子旅にはピッタリな観光地でしょう。

駅から、美観地区方向の出口の反対側に行くと、アリオ倉敷といった、大きな商業施設があります。

さらにその向こうには、三井アウトレットパーク倉敷もあります。


駅の反対側は美観地区と違った、現代的な雰囲気があって面白いですね。


で、そのアリオ倉敷まで来ていました。

この日は一日倉敷観光に当てていたので、時間が有り余っているというのもあります。

このアリオ倉敷の中は、お店が沢山あって、その中で適当にお昼を食べました。500円ぐらいで済ます感じ。

あと、タリーズコーヒーでしばしまったり。

美観地区とは全然関係ない時間を過ごす。


再び美観地区周辺に戻った時、お寺の前でくつろぐ猫に出会いました。

今度はお店に入ったりして、丹念に観光します。

雰囲気の良いお店、カフェが沢山あって、冷やかすだけでも楽しいです。

川沿いをはずれ、古風な建物が並ぶ通りを歩いて、のんびり。

途中、阿智神社があったので上りました。

結構階段上りますよ。そのため、上からの眺めは良いです。

こういう路地の奥にカフェがあったりするんですよね。素敵。

それから、更にブラブラしていたら、普通の町並みになってきて、気づいたら迷子になっていました。

目の前に病院があったので、スマホで地図検索して美観地区に戻りましたが、スマホ本当に便利。


倉敷アイビースクエアにもちょっと寄りました。

お土産屋を見ただけで何をするでもなかったんですけど、天気良くて暑かったら、アイスでも食べたかったところです。

こんな感じで、ホテルへ。

ホテル
倉敷駅前ユニバーサルホテル 5490円

※価格は私が実際に宿泊した時の金額です

このホテルは、駅前という名前ついていますが、実際は駅前というより、美観地区のすぐ近くです。

ホテルにしては珍しく、朝食の他に夕食がついており、カレーを食べました。

食堂って感じの場所で、食堂って感じのごはん。

ちょっとした大浴場もあったので利用しました。


日が沈んだ後、いつもなら外に出ないのですが、せっかくホテルが美観地区すぐ近くなので、夜の美観地区を見てくることに。

日中は人が沢山いてワイワイしていましたが、この時間になるとほとんどのお店は閉まり、人もまばら。

思ったとおり、控えめなライトアップがキレイです。

美観地区の近くのホテルにして本当に良かった!と思った瞬間でした。


<<前へ    ||    次へ>>

旅行記