HOME  >  旅行記  >  40日間国内一人旅  >  岡山城(烏城)と後楽園

岡山城(烏城)と後楽園

ランチを食べ終え、路面電車に乗ります。

たった二駅なので全然歩けるんですが、路面電車に乗りたかった。

城下駅で降り、そこから岡山城へ歩きます。

方向などあいまいでしたが、何となく歩いていたら公園が見え、「烏城」という名前が出てきたので、感覚歩きました。


岡山城は黒いので別名、烏城というらしいです。

むしろ、城周辺には、烏城と書かれているほうが多かった。

公園を抜けると川がありました。遠くに岡山城、そして橋が見えます。橋を渡った先は、後楽園。

まず、岡山城へ向かいます。

本当に黒い。まさしく烏城!

岡山はパフェの街らしく、お城の中に茶屋があるのですが、そこで美味しそうなパフェを食べるかどうしようかしばらく悩みました。貧乏旅人にはちょっと高かったのでガマンしましたが、見るからに美味しそう!って感じでした。


また、岡山城では、やっぱり小学生軍団と遭遇し、大変悩まされました。

あの騒音と激しい動きの中、心静かにお城の展示物を見るには、修行が足りない。


でもって、天守閣からの眺め。

次はあの橋の向こうに行きます。

の、前に、お城周辺をブラブラ。

宇喜多秀家の頃の石垣、月見櫓等の重要文化財、当時の穴倉、天守閣の礎石など、説明つきで保護されているので、ブラブラするのも楽しいです。


お次は後楽園。

この橋からのお城の眺めも中々良かったですよ。

後楽園。日本三名園の一つとして有名ですね。

入ってまず思ったことは、広い!

この時点でちょっと歩きつかれていたので、後楽園を楽しむためにも一度休憩を。


というわけで、元気の源、ソフトクリーム。

入り口の近くにお店屋さんがいくつかあったので、キレイな庭園を見ながら、最高。

お城でパフェガマンしてよかったかもしれない。

後楽園は広くて、時間があったので隅々まで見たのですが、いろんな植物、大小複数の池、滝、茶室、梅林、林、畑、展望所、休憩所、花々…本当に色んなものがあります。

南国っぽい植物に囲まれていたと思ったら、広々とした庭園の中にいたり、気づいたら木々が深く生い茂る林にいたり。

色んな表情を見せてくれます。

色々見て回って、疲れたら、こんな場所もあって、涼やかに休憩。

おばさん二人組みは寝そべって、心行くまでくつろいでいます。

平日で人が少ないので、そんな雰囲気。

後楽園からもお城が見えますよ。

入ってきた所と別の出口から出たら、こっちのほうがメインだったようで、お土産屋さんなどあり、賑やかな雰囲気。

その後、例により岡山の街をブラブラ。

何を買うでもなく、何を見るでもなく、ただ知らない町をブラブラするのって、楽しい。


それからいつものようにコンビニに寄り、ホテルへ。

ホテル
岡山スクエアホテル 3300円

※価格は私が実際に宿泊した時の金額です

ここは、シャンプーが数種類用意されていて、好きなものを小さな容器に入れて持っていくサービスがありました。

私が宿泊するレベルのホテルでは、リンスインシャンプーであることが多く、髪がギシギシになっているので、こういうサービス嬉しいです。


また、朝食が無料で、ドリンクバーもあるので、ホテルについてから一杯、朝食食べながら一杯。ドリンクバーも楽しみました。

朝食はおにぎりやパン程度。でも嬉しい。


昨日宿泊したホテルもそうですが、岡山はドリンクバーや朝食無料が多いのかな?

ただ、場所が駅からはちょっと遠いです。路面電車使えばすぐですけどね。

歩いたら10~15分くらいかと。


それを考慮しても、ここもまた、安く、よいホテルでした。


<<前へ    ||    次へ>>

旅行記