HOME  >  旅行記  >  40日間国内一人旅  >  徳島、眉山の上から

徳島、眉山の上から

鳴門海峡から戻ってきた徳島駅。

青空が見えてるじゃないか。

天気が回復したので、眉山に行くことにしました。

眉山は徳島駅の近くにある山。

どのぐらい近いかというと、歩道橋から駅を見たらこんな感じ。

同じ歩道橋から眉山を見たらこんな感じ。

徒歩10分というところでしょうか。

徳島はとにかく、駅周辺に繁華街が集結し、眉山もすぐ近い。

もちろんホテルも近いので、ちょっと遅くなっても安心。

何かと便利な町って印象があります。

車なし旅人に優しい町。


眉山の麓に、阿波おどり会館。

この阿波おどり会館からロープウェイに乗ります。

通常往復が1000円のところ、17:30からは往復600円になるので、17:30ぴったりに着くよう、のんびり歩いて行きました。

私はロープウェイしか利用しませんでしたが、この阿波おどり会館、実際の阿波踊りが見れたり、お土産屋さんがあったり、ミュージアムがあったり、色々あるようなので、観光の一つに組み込んでも楽しそうです。


さて、ロープウェイ。

小さな丸型の乗り物が二つ一緒に動きます。独り占めでした。

展望台に到着しても、人はほとんどいません。なんとも快適。

そして狙い通り、景色が素晴らしい!

雲も多いが青空も見えて、ちょっと夕暮れががった空。

徳島の町が一望出来、雄大な吉野川も見えます。


この景色を独り占め。


ああー最高!


人目も気にすることなく、この景色を、ただきれいだなーと見ている時間。

今思い出しても、また行きたいなあと思わせるぐらい、なんとも言えない、心地よい時間でした。

これぞ一人旅の醍醐味。


この展望台、謎の白い建物があるのですが。

これ、大きな万華鏡なのです。

下から覗く事が出来ます。


レストランや休憩所もあるのですが、レストランは行ったときにはもう閉まっていました。

あとは、謎の白い建物、モラエス館。

何か色々ありますが、この景色を見られただけで満足です。


ロープウェイは15分おきに動いているので、1時間以上は景色をずっと見ていたのですが、自分のタイミングで帰りのロープウェイに乗れて便利です。


そんな感じで、大変気に入った眉山を堪能しました。

気づくとこの日、朝のバスでパンを食べた以外、何も食べていなかったので、コンビニに寄って、ホテルへ。

ホテル
ハイパーイン 徳島東船場 3700円

※価格は私が実際に宿泊した時の金額です

徳島は川が多いのですが、町の中心にも川が流れています。

この川にかかる橋が、夜になるとライトアップされます。

このホテルの素晴らしい所は、窓からその川が見えるところ。

ちなみに、確かこのホテルで洗濯したと思います。

ってなわけで、徳島一日目が終了。


<<前へ    ||    次へ>>

旅行記