HOME  >  旅行記  >  40日間国内一人旅  >  高知城までお散歩

高知城までお散歩

中村駅から高知駅へ。

中村駅にある売店で昼食用にパンとか買っておきます。

電車
12:03 中村 ~ 13:05 窪川
13:10 窪川 ~ 14:55 高知
2470円

3時間近くの、鈍行の旅。お気に入りの音楽を聴きつつ、パン食べつつ、眠りつつ。

空いていて、4人ボックス席を独り占めする勢いだったのですが、さすがにお尻が痛くなりました。


車窓は時折、荒々しい高知の海が。

やっと高知に到着。


駅前にはこんな銅像も。威風堂々、高知の偉人。

やっぱり龍馬伝で沸いたんだろうなあ。

駅から近い宿を取ったので、そこに荷物を預け、ちょっとお出かけ。


川沿いにヤシの木。ヤシの木は九州でも随所で見ましたが、四国でもよく見ました。まだまだ南国。

高知城方向へ散歩しようと歩きます。

途中、リンベルというパン屋へ。

ここ、高知名物の帽子パン、発祥お店との事。

「おにぎりあたためますか」のサイトで見て、近いので寄ってみました。


帽子パンの他に色々パンを買い、今日の夕食に。

ちなみにコンビニで地方限定らしき帽子パンを見かけました。高知の人は好きなんですね。


これが帽子パン。甘い。

山内容堂公誕生の地の石碑が見えるところまで来ると、お城はすぐそこ。

城周辺は公園になっていて、地元の人が集っているなと思ったら、将棋か囲碁をしていました。

国宝高知城

本丸の建物が完全に残る唯一の城だそうです。

入り口まで行き、中には入りませんでした。

というのも、もう中に入るには微妙な時間になっていたのです。


板垣退助の銅像の前で、オンカメする猫さん。

猫好きなのであっちこっちで出会う猫、カメラから逃しません。

密かに猫コレクションしています。

お城の公園付近をブラブラ。

堀で囲まれています。

帰りは、歩いて戻れる距離ではありますが、路面電車があるので乗っておきます。

高知でも部分的に線路に芝生がありますね。

高知は連泊。

今日と明日、同じ宿に泊まります。

ホテル
ホテルタウン駅前 6800円 ※2泊分

※価格は私が実際に宿泊した時の金額です

安く、宿の人の感じが大変よく、場所も駅前で便利でした。

朝食が100円で食べられるので、2日ともトーストを食べました。

トースト、たっぷりのサラダ、飲み物などついていて、大変お得です。


ただ、宿自体はこの旅で宿泊した宿で、一番古びていました。

低階層の部屋だったので、人通りの多い窓の外から丸見えも困ったかな。


ランドリーがあるとの事だったので、ここで洗濯しようかなと思っていたのですが、実際見てみてビックリしました。

1階の駐車場の奥に、古びた洗濯機と複数の洗剤が。乾燥機はありません。

結果的にまだ服に余裕があったのでここでは洗濯しませんでした。乾燥機無いのは厳しい。


このトラウマがあったので、ホテルでランドリーの有無を聞くとき、乾燥機の有無も聞くようになったのですが、何でそんなこと聞くんだ?的な目で何度か見られました。


と、こんな感じで、翌日も高知を楽しむ予定、でした…。


<<前へ    ||    次へ>>

旅行記