HOME  >  旅行記  >  40日間国内一人旅  >  竹田、後藤姫だるま工房

竹田、後藤姫だるま工房

熊本から、大分に向かうこの日。

最終目的地は別府温泉。

その途中で、大分県竹田市に寄ります。


今日最大の目的は、竹田にある後藤姫だるま工房。


知らない人は知らない、知っている人はものすごく知っている、姫だるま。

姫だるまは、北海道の伝説的ローカル番組、「水曜どうでしょう」で出てくるのです。

水曜どうでしょうが大好きなので、ずっと前から、後藤姫だるま工房を訪ねることは、夢でした。


大分に行ったら、後藤姫だるま工房に行こう!


それが叶った今回。

バス
7:37 味噌天神 ~ 9:53 玉来
1750円

熊本の味噌天神からバスに乗ります。

味噌天神は私が行きやすかったからで、熊本駅やバスセンターなど、色んな場所から乗れますよ。

そして降りる場所は私は玉来ですが、バスは大分まで行きます。

バスは予約せずに、来たバスに乗り、降りるときにお金を払う方式。


良い天気に良い景色。気持ちいい!

程よい距離の高速バスって、一番楽です。

バスは道の駅で一時休憩します。

天気が最高。熊本シリーズはずっと何ともいえないはっきりしない天気だったので、気持ち良さがすごい。

そして玉来バス停に到着。

バスは結構乗客多かったのですが、玉来で降りたのは私一人。

バスが玉来に止まるので便利です。

この時、熊本、大分の大雨以来、玉来に行く電車が不通だったので、手段はバスしかありません。


玉来バス停からどうしようかと、とりあえず姫だるま工房方向に歩くも、灼熱で大荷物。クラックラしてきて、タクシーを見かけたので必死に呼び止める。


バス停からは歩ける距離ではないかと思います。

大荷物ではやめたほうが良い。


タクシーの運転手さんに、後藤姫だるま工房へと言ったら、不思議そうに、たまにいるんですよねと言われました。

どうでしょう知らないと、不思議に思うんですね。

全国からどうバカが結集している聖地なんですけどね。


さて、タクシーから近づくにつれ、テレビで見た景色に。

工房の中に、後藤さんがいらっしゃいまして、姫だるまを作っていました。

突然見知らぬ私が訪れていいもんだろうか?と思って、恐る恐る挨拶をしたら、気さくに中に招き入れてくれました。

慣れているのもあると思いますが、優しいんですよね。


中に入ると、どうでしょうグッズ、サイン、大量のファイル、写真などがあり、作り途中の姫だるまがずらっと並んでいました。

ああ、幸せ空間。

この全国地図に、訪れた人がどこから来たかをピンで刺していたそうですが、いっぱいになって、今は都道府県別にされているファイルに一言書き込む形式になっていました。

北海道の最初のページにディレクターのお二方からのメッセージがあり。


ここ見たほうがいいよと、後藤さんが大量にあるファイルや写真などの見所を教えてくれるので、それを見つつ、色んな話をしてくれます。

ちょっとうるっと来るぐらい良い事言うんですよね。すごいです。


どうでしょうで、初めて工房にあの4人組が来たときの話はすっごく面白かった!


良い話を沢山きき、面白いもの、貴重なものを沢山見て、後藤さんは優しいし、ホントに来て良かったなあ。

居心地が良いです。

外は暑いんですが、天気が良くて、竹田の美しい緑がキラキラ。

窓の外からは涼しい風が。

工房の裏に、だるまのお見合いをした畑があります。

帰りはまたタクシーで玉来バス停に戻る予定だったのですが、たまたま訪れた後藤さんの友人に、竹田温泉花水月まで送ってもらえました。

ものすごく助かって、優しさが染み入る一人旅であります。

玉来バス停は写真の通り何も無いんですが、竹田のバス停はこの通り温泉に隣接しており、休憩所もあります。なので、ここまで送ってくれたわけです。

突然訪れた見知らぬ女(一人旅)に、この優しさですよ。感謝感謝。


旅行記「天岩戸神社、天安河原」で書いた「後日お会いした方」は、後藤さんです。

この時、高千穂峡行ったという話をしたのです。

電車
13:01 豊後竹田 ~ 14:18 大分
1250円

さて、大分に向かいます。


本当はバスで大分に向かう予定だったのですが、竹田温泉花水月から豊後竹田駅は歩いてすぐなので、電車で向かうことに。

電車のほうが安いんです。


竹田駅に姫だるまが。

こんな感じの、竹田、後藤姫だるま工房。

行く前は、迷惑かもしれないと迷いましたが、思い切って行ってよかった!本当にそう思いました。


<<前へ    ||    次へ>>

旅行記